赤ちゃんの頃から英会話を学ぶ

赤ちゃんの記憶力や対応力には驚かされることがたくさんあります。
2歳や3歳になった頃の子供たちは、赤ちゃんの頃に体験したことが精神的な部分の基になっています。
赤ちゃんの頃から辛い思いをしていれば、どこかで引きずったままに成長していくことになります。

子供が英会話を始めるのは、3歳になってから、5歳になってから、いろいろな意見があるでしょう。
焦っても仕方ありませんし、子供本人が楽しいとか行きたいとか、前向きに考えるようにならなければ効果が半減するという考えを持っている人もいます。
もちろん、嫌々英会話に触れても覚えていくことはありません。
しかし、赤ちゃんの頃から英語に触れることで、3歳や5歳になった頃に、自然と英語が出てくるようになるから不思議です。

赤ちゃんの頃から参加できるスクールでは、英語が日常会話の一部であるかのような教え方をしていきます。
教えるという表現も少し遠いかもしれません。
赤ちゃんの間は教える、学ぶという感覚ではなく、「楽しむ」の感覚が大切です。
赤ちゃんは何も分かっていないように見えますが、体の奥には英語が染みついているのです。
親も一緒に英語を楽しむことで、より英会話のスキルがアップしていくことでしょう。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ