細かい発音は子供ころからの英会話

英語をうまく発音するためには、無意識に英語を話しているくらいの状況が必要です。
高校などに入ると英会話の授業があったりしますが、英語を話している事自体が恥ずかしいと感じる人もおり、英語の上達にどれだけ真剣に取り組めばよいのか、英語とどのように付き合えば良いのか分からなくなっています。
日本語を英語にして話すことと、無意識に話せるようになってくるのとでは、雲泥の差があります。

子供の頃から英語の学習をしている人は、無意識な英語の発音ができるようになっています。
いわゆる、日本人が話す英語ではなく、現地の人が話す英語の発音ができるのです。
大人になってから必死に勉強した英会話では、ナチュラルな発音ができなくなっており、本格的な英語を身につけるのには時間がかかります。

子供の頃からの英語学習は、細かい発音まで耳で聞くことによって、自然と話せる様になることを目的にしています。
ちょっと勉強しただけで身につくものではありませんが、一度覚えてしまえば、英会話のスキルはかなり向上します。
将来的な事も考えて英語の学習をするのであれば、子供の頃から始める方が良いでしょう。
無意識に英語が出てくるようになれば、大人になってから改めて英語の学習をするときにもプラスになります。

それでは市販の英会話教材を子供の英会話学習に使用すると良いかというと、必ずしも良いというわけではありません。
リスニング教材を毎日子供に聞かせることができれば、確かに英語の発音に耳が慣れることはあるでしょう。
しかし、そのためには1日に30分〜1時間はリスニングをする必要があり、子供にとっては少々むずかしい学習法となってしまいます。

最近では子供向けの英会話スクールなどがありますので、きちんと子供に英語を学ばせたいのなら、スクールに通わせるのが一番でしょう。
子供が飽きずに楽しく学習できる環境づくりが大切になります。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ